×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日臨心関西派 6/25シンポジウム レジュメ

福祉労働、医療労働、教育労働

で飯を喰っている諸君

諸君らは公認心理師を取るのか取らないの

か?喝

と云う匕首を首筋に突きつけさせ貰いますよ

 

INDEXに戻る

 

キーサンだから突きつけられる匕首

ワシらがアンタ等のゼニ豚だからナンデスよ

 綺麗ごとでい言えば、 ユーザーたらコンシェーマーたら、ピアたら、サービスの利用者さんの意見を聞こうたら、患者様からのご意見タラタラタラタラと、色々言いますが、本当のところは、ワシらキチガイが精神医や看護士や精神医療や心理や精神福祉に、ワシ等自身の意向を無視され、診断され、鑑別され、殺され、虐待され、痛めつけられ、無効化され続けてきた、しかも、そいつ等の銭儲けの銭種ゼニ豚だからです、ヨ。(三本目社会臨床学会5/21シンポジウム配布資料に詳述24巻3号に掲載してもらえるかも、、、、)

 

キーサンだから突きつけられる匕首

他の飯種で銭儲けしている専門食とはチガう

 自分は他の専門食として飯之種を確保しといて、例えば、訪問看護とか、ピーエスだとか、あまつさえ心理学教授だとかで、自分は安全圏にいて、自分は飯だね銭だねをシッカと握りくさって、よくもまぁ、反対と言えるものだと思いませんか。特に若い心理学徒のみなさんは、大学の心理学の教授が反対の立場をとっているとき、このように反感を抱いているのではないでしょうか。実は他の国家資格についても、反対する時あるいは、取るのか取らないのかと云う匕首を突きつける時、その匕首を持っている人間がどういう立場なのかと云う、とても重大な問題を意識しなければ、反対そのものが嘘になると、えばっちは想っているのです。(四本目季刊「福祉労働」冬号掲載予定に詳述)

結論 当事者の団体、患者会にしか、真に反対できないコトも在る、ダカらこその、患者会

 

心理学徒は、掏り替えアクジ犯だから

 ブラック企業、地雷、空襲、戦争、働かせられザマ、学校、会社、社会、家庭、治山治水、災害、派遣労働、官僚、基地、原子炉、その他ありとあらゆるヒトモノコトに対する社会的な異議申し立てや抗議や叛乱や謀反を、反撃をココロのモンダイに掏り替えて、現在の政権とこれからの軍事政権を維持する、掏り替えアクジ犯だからですよ。しかも、それを持って良いことをしているツモリになりながら、莫大な銭儲けにつなげ、しかも、実際は心理拷問師、心理虐待師、心理虐殺師だからですよ。悪辣の極みとはコノコッタ、抗議告発暴動反乱謀叛一揆の事前鎮圧予防装置なんですよ。

(一本目社会臨床雑誌第23巻3号所収に詳述、このレジュメに添付のモノ )

 

発達障害の発明が公認心理師を作る

 ついについに心理学徒は己がだけの対象者を発見したのである。発明したのである。莫大な数のお客さんゼニ豚を、己がだけの心理学だけの囲い込めるゼニ豚を発見したのである。即ち、ハッタツ障害者である。発達障害者こそは、特にクスリを飲まないでいいと言われた、或いは、ジブンでそう称している健病者ハッタツ障害者こそは、第一義的に心理学のカウンセラーの対象となることを、発見し発明し大流行させたのである。しかも、手に負えなくなるや、精神医療に振って、精神医にキタナ仕事をさせ、クスリを突っ込まさせ、己が手は、白いママなのである。いやいや、精神医療と心理で、両手獲りスルことも可能なのである。6.カンタラパーセントに合せて、発達を貼り付け、クスリ屋も精神医も公認心理師も三方一利用得デスカイの。

 精神病患者は第一義的に精神医療の対象者でアッタ。ソコにおいて、心理職は余計者でアッタのである。しかし、発達障害者は、第一義的に心理食の飯の種ゼニ豚と為るのである。しかも、数は莫大、しかも、ジブンから来てくれるのである。発達障害が、発明され、発見され、大流行しなければ、イマ、この時に、国家資格化は、為されなかったであろう。

(二本目社会臨床雑誌第24巻2号10月末掲載予定 三本目社会臨床学会5/21シンポジウム配布資料に詳述24巻3号に掲載してもらえるかも、、、)

 

結論 公認心理師クタバレ 発達障害シニクサレ 両方同時に叫ぶ

 

2016//25 前進友の会 えばっち 江端一起合掌

INDEXに戻る